災害用伝言ダイヤル「171」

利用できる電話

災害用伝言ダイヤルの伝言登録、再生の利用可能な電話は、一般電話(プッシュ回線、ダイヤル回線とも)、公衆電話、INSネット64・1500、メンバーズ並びに、災害時、NTTが避難場所などに設置する特設公衆電話から利用できます。また、携帯電話・PHSからも利用でき。*メンバーズネットはオフネット通信利用時に限る。

提供内容

運用条件
震度6弱以上の地震発生時、および地震・噴火等の発生により、被災地へ向かう安否確認のための被災地への向けての通話がつながりにくい状況になつた場合、NTT側で速やかに利用可能とします。
*提供の開始、登録できる電話番号など運用方法・提供条件については、状況に応じてNTTが設定し、テレビ・ラジオ・インターネット等を通じて皆様にお知らせする。

登録できる電話番号(被災地電話番号)
災害により電話がかかりにくくなっている地域。エリアの設定は、都道府県を単位として行う。
*提供の開始、登録できる電話番号など運用方法・提供条件については、状況に応じてNTTが設定し、テレビ・ラジオ・インターネット等を通じて皆様にお知らせする。

伝言録音時間
1伝言あたり30秒以内

伝言保存期間
録音してから2日(48時間)

伝言蓄積数
1電話番号あたり1〜10伝言(サービス提供時にお知らせする)
*提供の開始、登録できる電話番号など運用方法・提供条件については、状況に応じてNTTが設定し、テレビ・ラジオ・インターネット等を通じて皆様にお知らせする。

伝言の消去
伝言を預かってから保存期間を経過した時点で自動的に消去される。

利用料金
伝言の登録・再生時の通話料の必要です。伝言蓄積等のセンター利用料は無料です。
*被災地に設置する特設公衆電話および被災地内の公衆電話を無料化した時には、これら公衆電話からの利用は無料となる。

注意:暗証番号の利用により、他人に聞かれたくない伝言など特定の方々の間での伝言録音・再生も利用できる。

災害用伝言ダイヤルの情報は http://www.ntt.co.jp/saitai/tsushin.html
back