全商品価格表
隠れたお大師さまの足跡
佛陀石
場    所 徳島県勝浦郡勝浦町星谷(星の岩屋から西へ1.4km)
ナビ N33°56′31″  E134°30′40″     地図はこちら
番外霊場 佛陀石 
写真はこちら




 
  資料提供 勝浦町
勝浦町リンク
 杉の美林に囲まれた境内に茂る3本の大銀杏で昼でも薄暗く、聞こえるものと言えば横を流れる谷川のせせらぎ。

 近年に建て変えた木の香りも新しい庵の前庭の隅に、円盤形の石碑がありその裏側には「仏陀石」の文字が刻まれています。さらに一段下がった広場の大銀杏の木の根本近くに、四段に積まれた石台の上に53体の仏像が安置されています。
 
 その仏像の横に、石積みの門があり、そこから「四国のみち」が、星の岩屋、三十八仙そして婆羅尾森林公園へと続いています。

 この仏石について、次のような話が伝わっています。
昔、弘法大師さまが、教えを広めて勝浦においでになられたある夜のことです。山上に、光り輝くものが見えました。お大師さまはたいそう不思議に思われ、次の日の朝早く山に分け上がり、やっと峰にたどり着きました。
 
 そこには、高さ15〜16メートルの大岩があり、その大岩を仰ぎ見たお大師さまはあっと驚かれました。その大岩の上には、仏教界のすべての仏様が現れて光り輝いていたのです。

 お大師さまは躍り上がって喜ばれ、もろもろの仏様の霊をそこに祭られ、人々に信仰をすすめられましたので、後々の人々はこの巨岩の上に、七十三尊の仏像を刻んで安置したということです。
  ぶつ    だ   せき