全商品価格表
隠れたお大師さまの足跡
草鞋大師
場    所 徳島県海部郡牟岐町内妻
ナビ N33°39′24″  E134°24′36″     地図はこちら
番外霊場 草鞋大師 
ご  利 益 不治の眼病が治ったといわれている

写真はこちら


 
 
資料提供 牟岐町

 内妻トンネル(八坂トンネル)より旧国道内妻公園に向う道端にあり、元は内妻トンネルの上は土佐街道が通っていた。そこの大坂峠にあつた草鞋地蔵を道路が出来たので、へんろ道の側に移しまつっている。
 
 この石仏の台柱(石)の正面に「草鞋供養」と側面に「宝歴十三末年(1763)五月吉日」と刻まれている。左側には「施主牟岐東浦、年寄、大黒屋藤左門」と刻まれている。

 旅の道中はきふるした「わらじ」の供養と八坂八浜が無事通行できるよう旅の安全を祈願して、新しい草鞋をお供えした。この地蔵さんは眼がつぶれている。また異宗教の争いにより何回も首を落とされたので、首をセメントで固められている。そばに大師像を刻んだ「道標」があったが、今はなくなっている。