tameni

おいしい甘酒の作り方

用意するもの

 1  炊いたご飯
 2  糀
 3  容器 → ポリバケツ、壺、なべ
 4  湯
 5  毛布またはふとん
6  半ぼう
7 し ゃもじ

甘酒の作り方

 は約60度の温度が一番よく、それより熱いと甘くなる力が急になります。
約60度のお湯1升(1.8リットル)に糀一袋(約850g)の割合で入れて、よくかきまぜ、蓋をして、1時間毛布かフトン等で保温します。
 
 一袋に米3合の割で、かためにたいて、いったん半ぼうに入れて5分位冷したらすぐ前の糀の中へしゃもじ一ぱい位づつごはんを手早くまぜ込みます。後からお湯は入れません。
終ったら蓋をし、毛布かふとん等で保温し、5時間から8時間くらいおくと、おいしい甘酒が出来ます。

 出来上がった甘酒は一度上下をよくまぜ毛布等を除き今度は冷します。明る日なべで、とろ火にて約60度位にぬくめますと一層おいしくなり一日置きに温めますと、すい味やからくなるのを防げます。この場合、熱しすぎは禁物です。



本文提供の山田鶴亀本店で10月〜4月の間、850g単位で販売しています(在庫を確認をして下さい)


 

                       資料提供 山田鶴亀本店
                              徳島県阿南市桑野町中野139-1
                              ナビ N:33-52-22  E:134-36-54
                              電話 0884-26-0003
                              
back