tameni

広告広場
ためになる
ホームリカーのつくり方
梅ドリンクのつくり方
らっきょう漬けのつくり方


 仕込み後の注意
果実酒を仕込みましたら、梅酒をつくる時と同じように容器のフタをきちんとしめ、
冷暗所に置きます。砂糖がすっかり溶け切るまでは、ときどき静かにゆり動かし
て材料をよく混ぜ合わせます。熟成中は果実のエキスが出にくくなるため、冷蔵
庫にはいれないで下さい。ただし熟成後(6ケ月〜1年後)は冷しても結構です。
(実はとり出します)
漬け込みをしたホームリカーの保存方法について
・必ずびんの内栓(パッキン兼用の構造)をしてからキャップを装着して下さい。
・果実酒びんは寝かしたり、倒したり場所を選び、立てたままで保存して下さい。



 材料 
梅の実・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  1Kg
氷砂糖又はハチミツ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  0.5〜0.8Kg
ホワイトリカー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  1.8[リットル]
 つくリ方 
梅は、なるべくキズのない大きさのそろった良質なものが良いでしょう。
@梅は水洗いした後、へたの部分をとり、一粒ずつ乾いた布巾でみがく
ようにふきます。
A果実酒瓶に梅と氷砂糖を交互に入れ、最後にホワイトリカーを静かに
注ぎ、蓋をしめ、光のあたらない涼しい所に置きます。

熟成期間について
たまに瓶を静かにまわし、氷砂糖を溶かします。2〜3ケ月で美味しい
コハク色の梅酒ができあがりますが、梅酒は熟成が遅い酒ですので、
1年ほどおいた方がより美味しい梅酒になります。梅は4.5ケ月〜1年の
間に取り出します。


 材料 )
かりん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  1Kg
氷砂糖又はハチミツ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  0.3Kg
ホワイトリカー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  1.8[リットル]
 つくリ方 
かりんは黄熟したものを使うのが良いでしょう。
@かりんをぬるま湯に浸しながらタワシでよく洗い、ザルにあげて水
気をきり2〜3日自然乾燥します。
Aかりんの表面に蜜状のネバネバが出てくるので、水を流しながら
洗い落として水気をきって2〜3pぐらいの輪にします。
B果実酒瓶にかりん(種も残さないよう)と氷砂糖を入れ、ホワイトリ
カーを注ぎます。
熟成期間について
冷暗所に置いた、約2ケ月で飲めるようにないますが、熟成には6ケ
月以上が必要です。
一年程度で中味を取り出します。高級ブランデーにも劣らないコク
とまろやかな味になります。


 材料 
アロエ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  400g
レモン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  3〜4個
氷砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  280g
ホワイトリカー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  1.8[リットル]
 つくリ方 
アロエはどこにでも鉢植えで売っているキダチアロエが良いでしょう。
@アロエの生葉(下方の成葉が良い)を洗って適当な大きさに切り、
そのまま天日で1日干します。
Aレモンは皮をむいて5mm程度の輪切りにします。
B果実酒瓶にアロエ、レモン、氷砂糖を入れて、ホワイトリカーを注ぎ
ます。
氷砂糖、レモンを入れずにつくると、外用薬、飲料を兼ねることが
できます。
熟成期間について
冷暗所で、5〜6ケ月置きます。その後、アロエは引き上げます。
レモンは、2〜3ケ月程度で引き上げます。


 材料 
梅・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  1Kg
食酢・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  900m[リットル]
氷砂糖・・・・・・1Kg  またはハチミツ・・・・・  400g
 つくリ方 
@新鮮な生梅をよく水洗いし、乾いた布巾で水気を拭き取ります。
A果実酒瓶に梅と氷砂糖(またはハチミツ)を入れて最後に酢を入
れて静かにまわし中身を軽く混ぜます。
B約3〜4週間後から飲めますが、時々瓶を軽くまわし、全体を混
ぜて下さい。
 のみ方 )
冷水で4〜5倍にうすめてお飲み下さい。牛乳で4〜5倍にうすめ
てヨーグルト風味で、またオンザロックでもお楽しみ下さい。


 材料 
梅・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  1Kg
氷砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  1〜1.5Kg
ホワイトリカーまたは食酢・・・・・・・・・・・・・・・  100〜200m[リットル]
 つくリ方 
@新鮮な生梅をよく水洗いし、乾いた布巾で水気を拭き取ります。
A果実酒瓶に梅と氷砂糖を,1/3ぐらいずつ交互に入れてホワイトリカーまたは食酢をいれます。
B3〜4日すると、砂糖が溶けてシロップが上がってきます。完全に砂糖が溶けるまで毎日2〜3回ゆすり、冷暗所で保存します。
※もし保存中に泡が出たら、しばらく瓶ごと冷水にひたしておくか、梅の実をザルに上げ、シロップをなべに入れて火にかけ、煮立ったら泡を取り、完全にさましてから梅と一緒に瓶に戻します。
C約3〜4週間程で梅がシワシワになり、梅シロップが出来あがります。エキス分の抽出された梅は種と皮だけになるので処分して下さい。シロップは冷暗所か、冷蔵庫で保存します。
 のみ方 
冷水や炭酸で3〜4倍に割ってお飲み下さい。ウイスキー、ブランデー、焼酎に加えてカクテルとして、またカキ氷のミツとしてお楽しみ下さい。

 材料 
らっきょう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  1Kg
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  50g

らっきょうは、きれいによく洗って両端を切り取り、水気を
切りしめりが残ってうちに、塩をふって2〜3日漬けこみます。
 材料 
塩漬けらっきょう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  1Kg
酢・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  400m[リットル]
砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  200m[リットル]
赤唐辛子・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  2〜3本
@塩漬けらっきょうの水気を切り、果実酒瓶に入れます。
A酢に砂糖を入れて煮立ててさまします。(これが甘酢です)
B@に赤唐辛子(種を除いて小口切りしたもの)を入れ、甘酢を
、らっきょうがかぶる位ぞぞぎ込みます。
C冷暗所に保存して約1ケ月で召しあがれます。
※アデリア果実酒瓶は清潔でにおいのつきにくいガラスですが、
らっきょうのにおいは落ちにくいものです。らっきょうを漬ける瓶
は、いつも決めておくことをおすすめします。

このレシピは石塚硝子株式会社様のご好意により資料を参考にさせて頂きました。
back