tameni

ピッキングにご用心

 一昨年から首都圏を中心にピッキングによる窃盗が急増しています。
「ピッキングには、玄関の鍵を取り替えれば解決」思っていませか?

玄関以外にも侵入できる場所はどこにもあります。
ちよっとした小窓からでも簡単に。

ピッキングとは・・・
 ピッキングとは、鍵穴に耳掻き状の特殊な細い金属棒を差し込んで鍵のシリンダー内のピンをはずし施錠を解き、住居に侵入する手口で、手慣れた者なら1分もかからずに侵入し犯行におよびます。
 ピッキングによる窃盗は、警視庁によると、東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知の1都4県で多発しており、2000年1月〜6月の半年間で約1万4千件発生し、前年同期の約5倍というすさまじい増加が見られ、ここにきて全国の都市部でも急増しています。

狙われやすいのは・・・
 ピッキングのターゲットとなる鍵は、鍵穴がくの字型の「ディスクシリンダー」と呼ばれるもので、国内では最も普及しているタイプです。
 ピッキング窃盗犯は事前に下見して、「金がありそうか」よりも「留守がちか」「入りやすく逃げやすいか」などをチエックして、集団で犯行におよぶケースがほとんどです。そのためピッキングの被害は、隣近所が不在であることが多く、つきあいも少なくなりがちなマンションや雑居ビルなどに集中しています。また、人目につきにくく、逃走しやすい幹線道路沿いにある4階以上の建物で多く発生しています。


ピツキングへの対策は・・・
 対策としては、ピッキングに強いされている「ロータリーディスク式」「マグネット式」「ディンプルキー」などの鍵に取替えことが第一に考えられます。しかし、これで万全というわけではありません。
















れからの鍵は、ピッキングで開けようとしても10分以上かかるため、狙われにくいというので、これらの鍵を取り付けたからすべて解決されるというわけではありません。また、空き巣や窃盗はビッキングによるものとは限りません。

ピッキングをはじめとする空き巣や窃盗の対策としては・・・
ビッキングに強い鍵を取り付ける。
ひとつの扉に2つ以上の鍵をつける
塀や植え込みを高くせず、玄関や勝手口の見通しをよくする
夜間不在による事務所などは警備会社に警備を委託する
郵便物や新聞を何日もためない
留守にする際は近所の人に声をかけておく人感、音感ライトや防犯ベルをつける
ビルのエントランスやエレベータに防犯カメラを設置する

などが有効です。
 なかでもとくに効果的なのが、近所の人に声をかけて出かけることです。空き巣狙いが犯行をあきらめた一番の理由は「近所の人に声をかけられたり、じろじろ見られた」ことだそうです。
back